2020年の入試改革 その2

みなさん、こんにちは。
自分で言うのもなんですが・・・Oishi塾のアイドル型講師 木場です<(_ _)>

前回からの続きです。

  • 試験と内容の変化 
  1. 新たに導入されるテストは以下の2つである。
  2. かつては「一次共通試験」呼ばれ、現在は「大学入試センター試験(通称:センター試験)」と呼ばれているこの共通試験が2020年1月を最後に実施が終了する。(2020年のセンター試験は浪人生への配慮であり現役生は新制度を適用)

1…「高等学校基礎学力テスト(仮)」

2…「大学入学希望者学力評価テスト(仮)」

 高等学校基礎学力テスト(以下、学力テスト)は、現在「内申」と呼ばれている各高等学校独自の試験や生活態度の評価が、このテストによる学力評価制へと変更になる。

対象者が高校2年生から3年生であり年に2回の任意受験が可能

“大学は3年生から”という意識の見直しが必要となる。

2020年の正式実施を前に2019年には高校2年生の基礎学力テストの受験も始まるよう準備が進められている。

国語、数学、英語から実施されるようで基礎学力の底上げに焦点を置かれてあり出題形式は知識・技能を問う正誤問題をはじめとした多岐に渡るようである。

大学入学希望者学力評価テスト(以下、評価テスト)は、実質的にセンター試験の後継であり希望大学への入学資格試験である。

して、センター試験と大きく違うのが実施期間である。

 ・センター試験→毎年1月の第2土曜日と日曜日

・学力評価テスト→年に複数回の実施予定

 センター試験は年に1度の限定的な試験であるがために、体調不良や悪天候による影響で受験不可となる生徒の挽回のチャンスが基本的にはなかったが学力評価テストは複数回の実施を予定されているためセンター試験に比べると少し落ち着いた姿勢で臨めるようだ。

出題内容は学力テストとは違って判断力・表現力・思考力といった柔軟力が必要となる出題形式となるようだ

  • 受験方法の変化

先述の2つの新テストは従来のマークシート型のテストではなくなり新たにCBT方式(computer based testing)というパソコンを利用した形態を前提とした受験方式への変更が検討されている。モニターに表示される文章を読解し、解答をキーボードを使って入力する。そのため受験生は事前にパソコンを取り扱うトレーニングや知識が必要となる。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。