2013年 卒業旅行

みなさん、こんにちは。
唐津の「勉強嫌い」「勉強が苦手」な生徒のためのマンツーマン学習塾 Oishi塾の大石です。

今年度、最後の行事です。
熊本のグリーンランドに卒業旅行に行ってきました。
みんな受験おつかれさま。
しっかり遊ぼう☆

集合

 

まずは、肩ならし。

 

YHH

 

続いて、左右に揺れるドラゴンの船。
紫の男子、黄色の女子の表情に注目です!

 

dd
d

 

 

生徒 「先生・・・(笑)」
大石 「どうしたん?」
生徒 「頭がちょうどモザイクになってます・・・(笑)」

 

W

 

 

大石 「誰かトトロと記念撮影なー」
生徒 「M、おまえが一番似とるっちゃっけん、おまえ行け」

 

m

 

大石 「次、くまもんと記念撮影。誰?」
生徒 「S」

 

s

 

 

途中雨に降られましたが、ジェットコースターで絶叫し、お化け屋敷で絶叫し、クタクタになるまで遊びつくします。

最後に解散の時、何か気のきいたことを言いたかったけど、出てきたのは、ごくごくありふれた言葉でした。
「じゃ、またな」

また会うかもしれないし、会わない生徒もいると思います。
人生の一時期、一瞬を共に過ごし、離れていく。
そのどうしようもない儚さが、私(たち)の人生の糧になっている気がします。

みんな、ありがとう!!

 

2013年 卒業生の声 その2

みなさん、こんにちは。
唐津の「勉強嫌い」「勉強が苦手」な生徒のためのマンツーマン学習塾 Oishi塾の大石です。

卒業生から、手紙をもらいました。
ラブレターをもらったかのように、ドキドキしながら読みました (^o^)
(ホームページへの掲載は本人の了承済みです)

h1
h2
h3
h4鏡中 Y・Hさん 唐津東高校合格


この手紙をもらってすぐ読みましたが、いろいろな思いがよぎり、身体中がジーンとなりました。
彼女は泣きそうだったのかな?
でも、その直後にもアホなことを言って笑わせようとした私は、デリカシーゼロの人間かもしれません (T_T)

勉強のことはあまり書かれていませんが(^o^)、それが彼女らしさ、私たちらしさ、なのです。

 

2013年 卒業生の声

みなさん、こんにちは\(^o^)/

唐津の「勉強嫌い」「勉強が苦手」な生徒のためのマンツーマン学習塾 Oishi塾の大石です。
今年卒業した「生徒の声」の一部を紹介します。

「一番楽しく勉強できた」 → 「唐津西合格☆」
NW
NW
第一中 N・W君

「唐津西合格☆」
NR
NRR
唐津第一中 N・Rさん

「唐津工業に合格☆」
TR
TR
鬼塚中 T・R君

「授業が楽しくなりました」 → 「特待生で北陵に合格☆」
YY
YY
唐津第一中 Y・Y君

「セミナー90点から130点に」 → 「唐津工業に合格☆」
MYMY
鏡中 M・Y君

「唐津工業の電気科に合格☆」
YY
YM
唐津第一中 Y・M君

NMNM
唐津第一中 N・Mさん 

MN
MN
 唐津第一中 M・N君

KS
KS
唐津第五中 K・Sさん

「唐津南高に合格☆」
ARAR
唐津第一中 A・R君

「唐津西高に合格☆」
NYNY
唐津第一中 N・Y君

「最後まで頑張ってやれた」 → 「唐津南高に合格☆」
OA
七山中 O・Aさん

「唐津工業の土木科に合格☆」
YY
鏡中 Y・Y君 

「佐賀女子高校の衛生看護科に合格☆」
ON
ON
鏡中 O・Nさん 

「唐津商業に合格☆」
MT
唐津第五中 M・T君

「佐賀女子高校の衛生看護科に合格☆」
SA
SA
鏡中 S・Aさん 

「厳木高校に特色で合格☆」
T・R
TR
唐津第一中 T・R君

 

 

 

 

合格発表

みなさん、こんにちは。
唐津の「勉強嫌い」「勉強が苦手」な生徒のためのマンツーマン学習塾 Oishi塾の大石です。

3月19日。
この日、普段よりも早く目覚めました。
ほとんどの人にとっては、1年の何気ない1日ですが、 私たちにとっては1年で1番大切な日です。

今は生徒全員の受験番号を聞いておいて、 インターネットで合格発表を見ることができます。
ただ、それではあまりにも味気ないので、私はドキドキしながら生徒の報告を待ちます。

合格の知らせは、直接、生徒の口から聞きたいのです。

9時30分。
各高校で合格者発表の瞬間です。
何に向かってか、思わず手を合わせていました。

以下は、不合格だった生徒のお母さんから頂いた言葉です。
ただただ申し訳ない気持ちと、彼の姿が脳裏に浮かんで、何度読んでも、胸が苦しくなります。
そして、感謝の気持ちがこみ上げてきます。
Oishi塾をここまで支えてくれたのは、生徒やお母さんたちの「あたたかい言葉」でした。

先生最後まで本当にありがとうございました!
今はAの背中を見るのが、小さくなっていて辛いですが、親として出来る限りの事はしてあげたいと思います。

二次募集の枠も4人と少なく絶望的ですが、それでもAはOO高校を受けたいと言いましたので受けさせようと思います。

まず人生の中で初めての挫折を経験させてもらったと思います。

これは失敗ではなくAに与えられた試練だと思って、これからの人生で華を咲かせられるように親子共々あきらめずに頑張ります!

人生がんばらないかん時ふんばる事を教えてくれたのは先生です。
これからのAの人生を歩いていく勉強になりました。

本当に最後までありがとうございました。
落ち着いたらAと顔出しにこさせて下さいね。

入試直前、合格ラインに達していない彼の友人達は、次々と志望校を変更していきます。
彼にも逃げ出したい気持ちはあったでしょうが、最後までその場所に踏みとどまり、戦い続けました。
敗れはしましたが、外見はヤンキーな彼が見せてくれた「勇気」と「ガッツ」に、大切なものを教えてもらった気がします。

誰だって努力できることが、才能です。
受験勉強では花開きませんでしたが、将来別の何かで彼の才能が開花されることを願ってやみません。

その偉大なヤンキー魂を武器に、人生を切り拓いてほしい。
大丈夫。
応援してます。

 

一般選抜試験(県立高校の最終志願状況&結果)

みなさん、こんにちは。
唐津の「勉強嫌い」「勉強が苦手」な生徒のためのマンツーマン学習塾 Oishi塾の大石です。

下の表が2013年の一般選抜試験の最終志願状況&結果です。
(唐津市近辺の高校のみ)

合格ラインは、各中学校で行われる「セミナーテスト」の点数です。
(OIshi塾の調査によります)

高校名

学科

志願者数

合格者数

倍率

合格ライン

唐津東

普通

117

103

1.15

180

唐津西

普通

173

159

1.09

140

厳木

普通

94

85

0.98

70

唐津商業

商業&会計

141

128

1.1

120

唐津南

生活教養

43

32

1.34

130

食品流通

44

32

1.38

120

生産技術

42

32

1.31

110

唐津工業

電気

33

32

1.03

120

機械

31

32

0.97

110

建築

30

28

0.94

80

土木

34

31

1.1

70

多久

総合

141

127

1.11

80

青翔

総合

89

79

0.96

50

また、各高校が合格者を選抜するにあたって、「入試の点数」と「調査書&面接」の比率は、およそ7:3となっています。学習の記録だけではなく、生徒会活動や部活動、資格取得、出欠の記録などが年々重視される傾向となっています。

唐津第一中 卒業式 

教室

みなさん、こんにちは。
唐津の「勉強嫌い」「勉強が苦手」な生徒のためのマンツーマン学習塾 Oishi塾の大石です。

日ごとにポカポカさを増し、春色に染まりつつある唐津です。
昨日行われた第一中学校の卒業式に出席しました。

今年は、第一中、第五中、鏡中、浜玉中、佐志中、鬼塚中、七山中の生徒がOishi塾に通ってくれていましたが、卒業式に出席できるのは一校のみです。
ここ数年は「どの中学校の卒業式にも行かない」と決めていましたが、やっぱりどこかの中学校に行って生徒を祝福したいと思いました。

というわけで、17名の3年生が通ってくれている第一中に行くことにしました。
お祝いは、ラッピングしてもらったガーベラを生徒とお母さんに贈ります。

みんな

卒業式に多くの言葉は不要ですね。
涙と笑顔で、十分な気がしました。

 

 

カツ

みなさん、こんにちは。
唐津の「勉強嫌い」「勉強が苦手」な生徒のためのマンツーマン学習塾 Oishi塾の大石です。

桃の節句も過ぎ、そこはかとない春の気配にワクワクしてくる季節です。
暖かい風に包まれた唐津で、今日、県立高校の一般入試が始まりました。
中学3年生にとっては、長かった高校受験生活の最後の幕が上がったのです。

もうこの期に及んで私たちにできることは何もありません。
ただ神様に祈るのみ
・・・では芸がないと思い、最後の悪あがきをしました。

とんかつ

とんかつ定食(^^)/

さらに・・・

かつ

受験生への、ラストメッセージです。
自分にカツ!
受験にカツ!

生徒にソースカツを渡しながら、言葉をかける代わりに、背中を叩きました。
言葉じゃ伝えられない、いろいろな気持ちを込めて。

ちょっと力が入り過ぎて、「痛っー」と言われましたが(^^)

Oishi塾の生徒たちは塾に入るまで、まともに勉強したことのない子が大半だったと思います。
そんな子たちに対しても、私は大量の課題を出し続けてきました。
忘れたら、居残り、筋トレ、罰ゲーム・・・。
振り返れば、むちゃくちゃだった気もしますが、生徒たちはみんながみんなを笑い飛ばしながらついてきてくれました。

頑張れ、という言葉は今の彼らにふさわしくありません。
入試2日目も、普段通りに。

そして、合格発表の日に笑顔で会おう。