Oishi塾通信 5号

ブレインジムについて

みなさん、こんにちは。
唐津の「勉強嫌い」「勉強が苦手」な生徒のためのマンツーマン学習塾 Oishi塾の大石です。

記録的に暑かった夏も、台風と一緒に一瞬で過ぎ去っていきました。

8月のカレンダーをめくった途端、涼しく、過ごしやすい日々が続いていますが、皆様方におかれましてはいかがお過ごしでしょうか?

さて今年、私は「教育キネシオロジー」のブレインジム・インストラクターになるための勉強をしています。

 教育キネシオロジーとは、「筋肉と脳と心」の関係を扱う学問で、学校教育などのティーチングやコーチングが「言葉」によって生徒に働きかけるのに対し、教育キネシオロジーは「動き(体操)」によって生徒の意欲を高めたり、勉強に対するストレスを取り除いたりします。

 まだアメリカから日本に入ってきて8年目ですが、オーストラリアでは既に公立の学校で朝の準備運動として導入されています。

 私が今までに実感した効果としては、
① 試験や試合やコンクールなど本番に弱い人
② 勉強やダイエットなど習慣化せず3日坊主で終わってしまう人
③ ついカーッとなってしまう&ネガティブな感情を引きずってしまう人

などで、本当に「どうにかしたい」と思っている人には、劇的な効果がありました。

 

26つあるブレインジムのやり方と理論の例を1つ挙げます。

やり方

ブレインジムで「感情ストレス解放」ポイントと呼ばれている「おでこ」のポイントがあります。場所は「眉毛」と「額の生え際」の真ん中の2つのポイントです。
このポイントを、それぞれの手の指先で軽く触れるだけです。

理論

ストレス状態になると、額の筋肉が収縮し、脳に流れる血管の動きを妨げます。額の筋肉に優しく触れてリラックスさせることで、脳(前頭前皮質)への血流を増やし、理性的な思考を取り戻します。


9月勇気づけ&ブレインジム勉強会のお知らせ

日時:9月29日(日) 13:00~15:00

内容:

① 勇気づけ(前回参加された方はやってみてどうだったか。もっとどうすればいいか一緒に考えます)

② ブレインジム(感情ストレスの解放)

場所:和多田教室

★ 参加ご希望の方は、生徒づてにお知らせ頂くか、大石までご連絡ください。